中小企業診断士

ここでは中小企業診断士について書いていきます。

中小企業診断士とは

簡単に説明すると、中小企業の経営課題(財務、労務、生産、事務等)について診断や助言・コンサルティングを行う専門家です。

ただ実際には、中小企業診断士の資格を取得後、コンサルティング会社や専門機関で働かず勤め先の会社のみの診断等を行う「企業内診断士」が多いのが現状です。

詳しくは、一般社団法人中小企業診断協会に記載があります。

試験日程

1次試験
(マークシート)
8月上旬の土・日
2次試験
(筆記)
10月下旬の日曜日
2次試験
(口述)
12月中旬の日曜日

1次試験

1次試験概要

試験の方法選択式
受験資格年齢、学歴等に制限なし
試験科目経済学・経済政策
財務・会計
企業経営理論
運営管理( オペレーション・マネジメント )
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・中小企業政策
試験日8月中旬の土・日
受験料13,000円
試験時間1科目60分か90分(科目により異なる)
合格点数7科目各100点(合計700点満点)
合格基準第1次試験の合格基準は、総点数の 60% 以上であって、かつ 1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準とする。※1
科目合格基準は、満点の60%を基準とする。
試験科目の
一部免除
申請により試験科目の一部が免除される。
(1) 科目合格による免除
(2) 他資格等保有による試験科目免除
科目合格の
有効期限
一部の科目だけに合格した場合は、翌年度及び翌々年度の第1次試験を受験する際、受験者からの申請により当該科目が免除され、3年間で 7科目すべての科目に合格すれば第1次試験合格となり、第2次試験が受えうことができる。
合格率約20%
(スマホの方は横にスライドで確認できます)
※1 問題の難易度に応じて合格ラインが上下する場合があり

1次試験日程

月日 試験時間配点試験科目
1日目10:00 ~ 11:00 60分100点経済学・経済政策
11:30 ~ 12:30 60分100点財務・会計
13:30 ~ 15:00 90分100点企業経営理論
15:30 ~ 17:00 90分100点運営管理( オペレーション・マネジメント )
2日目10:00 ~ 11:00 60分100点経営法務
11:30 ~ 12:30 60分100点経営情報システム
13:30 ~ 15:00 90分100点中小企業経営・中小企業政策
(スマホの方は横にスライドで確認できます)

2次試験

2次試験(筆記)概要

試験の方法筆記
受験資格1次試験合格者
試験内容中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 4問
試験日10月下旬の日曜
受験料17,200円
試験時間各80分
合格点数各100点(合計400点満点)
合格基準総点数の 60% 以上であって、かつ 1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準とする。※科目合格はなし
合格率約20%
(スマホの方は横にスライドで確認できます)

2次試験(筆記)日程

月日試験時間配点試験科目
1日目10:00 ~ 11:20 80分100点中小企業の診断及び助言に
関する実務の事例 I
11:40 ~ 13:00 80分100点中小企業の診断及び助言に
関する実務の事例 II
14:00 ~ 15:20 80分100点中小企業の診断及び助言に
関する実務の事例 III
15:40 ~ 17:00 80分100点中小企業の診断及び助言に
関する実務の事例 IV
(スマホの方は横にスライドで確認できます)

2次試験(口述)概要

試験の方法口述(面接)
受験資格2次試験(筆記)合格者
試験内容筆記試験の事例などをもとに個人ごとに面接の方法により行う。
試験日12月中旬の日曜
試験時間約10分
合格率ほぼ100%
(スマホの方は横にスライドで確認できます)

-----sponsored link-----



このページの先頭へ