財務・会計用語~は行~

は行

あ行か行さ行
た行な行は行
ま行や行ら・わ行

配賦 

製造間接費をある一定の基準によって各製品に配分すること。

販売費及び一般管理費(販管費) 

商品を販売するために使った費用のこと。(給料、水道光熱費等)

費用 

収益を獲得するために費やしたもののこと。(給料や仕入等)

標準原価計算 

あらかじめ標準的な原価を設定しておき、実際発生した原価との差異を把握することができる原価計算。原価管理に役立つ。

引当金 

将来の支出や損失に備えてあらかじめ計上しておくもの。

負債 

他から借りてきた借金のこと。(借入金、買掛金等)

ベッキングオーダー仮説

資金調達コストに差があるとき、調達コストの低い手段から優先して調達し、調達コストが高い株式発行は後に選択するということ。

変動費 

操業度に応じて比例的に発生する原価のこと。

ポイズンピル 

敵対的買収を仕掛けられ会社が、市場よりも低い価格で新株を発行し株主に引き受けてもらうことにより、買収コストを増やし、買収しにくくすること。

簿記 

帳簿に記録すること。会社がいくら儲かったかを計算するのが目的。

簿記の5要素 

資産、負債、純資産(資本)、収益、費用。

ホワイトナイト 

敵対的買収を仕掛けられた会社を、買収者に対抗して、友好的に買収してくれる会社のこと。

トップに戻る

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

応援よろしくお願いします↑↑

-----sponsored link-----



このページの先頭へ