財務・会計用語~た行~

た行

あ行か行さ行
た行な行は行
ま行や行ら・わ行

貸借対照表(B/S)  

一定時点における財政状態を表したもの。

貸借対照表等式 

資産=負債+純資産(資本)

棚卸減耗費 

商品の紛失等で商品が減少した場合に使用する費用。

直接原価計算 

総原価を変動費と固定費を分けて変動費のみを計算する原価計算。

TOB(株式公開買付) 

目的の銘柄を取得するために、市場価格より高い買収価格を設定し、証券取引所を仲介しないで不特定多数の株主から買い付けること。

ティンパラシュート 

従業員に高額な退職金を設定しておくことにより、買収後の資産を減少させるように仕向け、買収の魅力をなくす買収予防策のこと。

手形 

債務者が一定の期日に、記載された金額を一定場所で支払うことを約束した証券のこと。

手形売却損 

手形割引をした際に使用する勘定科目(営業外費用)

手形割引 

受取手形を満期日前に現金化すること。

デッドファイナンス

銀行借入や社債発行によって資金調達する方法。

転記 

仕訳帳の内容を総勘定元帳に記帳すること。

当期 

今年度のこと。

当期純利益 

税引前当期純利益から法人税等を引いた差額のこと。

当座預金 

銀行口座の一種。預金利子がなく、引き落とす際に小切手を使用する。(流動資産)

投資その他の資産 

営業目的以外で所有する固定資産のこと。(長期貸付金、関係会社株式等)

特別損失 

自然災害等で建物を失った等の特別な場合に計上するもの。

特別利益 

土地を売却して利益が出た等の特別な場合に計上するもの。

トップに戻る

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

応援よろしくお願いします↑↑

-----sponsored link-----



このページの先頭へ