財務諸表分析「安全性分析」

このページの使い方

計算式と書かれたところをクリック(タップ)すると計算式が表示されます。

暗記する際に使ってみて下さい!

安全性分析

インタレスト・カバレッジ・レシオ

金融費用の支払い能力を判断するための指標。倍率が高ければ高いほど財務的に余裕があるといえる。

固定長期適合率

固定資産が長期の借り入れと自己資本によってどれくらいまかなわれているかを見る指標。100%を下回れば長期の安全性は高いと判断できる。

固定比率

固定資産を購入する際に返済義務のない自己資本でどれくらいまかなわれているかを見る指標。100%を下回れば長期の安全性は高いと判断できる。

自己資本比率(株主資本比率)

総資本に対する自己資本の比率を見る指標。高いほど経営は安定し、倒産しにくいといえる。

D/Eレシオ

企業の安全性を見る指標。100%を下回れば長期の安全性は高いと判断できる。

当座比率

短期的な支払能力を判断する指標。100%を超えれば短期の安全性は高いと判断できる。棚卸資産はすぐに現金化できないため、含まない。

負債比率

自己資本に対して負債がどれくらいあるかを見る指標。低いほど長期の安全性は高いといえる。

流動比率

流動負債に対してどれだけ流動資産があるか(短期の支払い能力)を見る指標。200%を上回れば安全といえる。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

応援よろしくお願いします↑↑

-----sponsored link-----



このページの先頭へ