【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H19年第14問」

こんばんは、ヤスです。

今回は証券投資論の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H19年 第14問

ある投資家は、 X 株式と Y 株式の2銘柄のうち、リスクの低い方に投資資金の60%を、リスクの高い方に投資資金の40%を投資しようとしている。この投資家は、各銘柄の β 係数、安全利子率、および市場期待収益率について、以下のとおり予想している。CAPMに基づいて投資をするとき、当該ポートフォリオの期待収益率として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

H19.zaimutoi14

〔解答群〕
ア 4.90%  イ 5.24%
ウ 5.45%  エ 5.66%

解説

答え イ

ポートフォリオの期待収益率を求める問題ですが、よく伝る問題なのでパターンを覚えましょう!

期待収益率は、

期待収益率 = 安全利子率 + β × (市場期待収益率 – 安全利子率)

このように計算できます。

それでは、X株式とY株式の期待収益率を見ていきましょう。

・X株式: 2% + 1.5 × (5% – 2%) = 6.5%

・Y株式: 2% + 0.8 × (5% – 2%) = 4.4%

となります。

そして、問題文に、「リスクの低い方に投資資金の60%を、リスクの高い方に投資資金の40%を投資」と指示があります。

「β値が高い方がリスクが高い」ので、X株式に40%を投資し、Y株式に60%を投資することになります。

以上のことから以下のように計算します。

6.5% × 0.4% + 4.4% × 0.6% = 5.24%

ということで答えは イ 5.24% となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ