【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H22年第14問」

こんばんは、ヤスです。

今回は企業価値についての過去問について解説していきたいと思います。

過去問H22年 第14問

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
B社は全額株主資本で事業活動を行っており、営業利益の確率分布は下表のとおりで今後毎期一定である。なお、営業利益は税・利息支払前利益(EBIT)に等しいものとする。

H22.zaimutoi14

(設問1)
B社の企業価値は、完全市場の仮定のもとで1億円と評価される。 このとき、B社の事業活動のリスクに対して、市場が要求する株主資本収益率として最も適切なものはどれか。

ア  8%
イ 10%
ウ 12%
エ 20%

(設問2)
B社と資産内容が全く同じで、同一の事業を営むC社が存在するものとする。したがって、C社が生み出す毎期のEBITの確率分布は、B社と全く同一である。ただし、C社と B社では資本構成が異なっており、C社は5,000万円の負債を利用している。この負債の利子率は4%である。この市場において、法人税のみが存在しその実効税率が40%であるとすれば、B社の企業価値とC社の企業価値との差はどのようになるか、最も適切なものを選べ。

ア C社の企業価値はB社と変わらない。
イ C社の企業価値はB社より200万円小さい。
ウ C社の企業価値はB社より2,000万円大きい。
エ C社の企業価値はB社より5,000万円大きい。

設問1解説

答え イ

「市場が要求する株主資本収益率」というのは資本コストのことだと思います。

営業利益の期待値が、

1,200 × 0.5 + 800 × 0.5 = 1,000万円

となります。

資本金が1億円なので、

10,000,000 ÷ 100,000,000 × 100 = 10%

となります。

ということで答えは イ 10% となります。

設問2解説

答え ウ

負債利用による節税効果により企業価値が上がるのでア、イは間違いですね。

節税効果は、

5,000 × 4% × 40% = 80万円

となります。

節税効果を負債コストで割り引くと負債価値が出せるので、

80 ÷ 4% = 2,000万円

となります。

ということで答えは ウ となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ