【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H22年第15問」

こんばんは、ヤスです。

今回は投資の意思決定の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H22年 第15問

ある投資プロジェクトによって1年後にもたらされるキャッシュ・フローは、50% の確率で3,000万円であるか、50%の確率で1,000万円であるかのどちらかであるという。今、安全利子率は10%である。意思決定者がリスク中立的であるとき、この意思決定者は、当該投資プロジェクトに現在約何万円まで拠出するか、最も適切なものを選べ。

ア  454万円
イ  909万円
ウ 1,818万円
エ 2,727万円

解説

答え ウ

「1年後にもたらされるキャッシュ・フローは、50% の確率で3,000万円であるか、50%の確率で1,000万円である」といことなので、期待キャッシュフローは、

3,000 × 0.5 + 1,000 × 0.5 = 2,000

となります。

この期待キャッシュフローを現在価値に直すと、

2,000 ÷ 110% ≒ 1,818

となります。

ということで答えは ウ 1,818万円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ