【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H22年第3問」

こんばんは、ヤスです。

今回は勘定科目の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H22年 第3問

当年度における次の勘定記入の空欄A~Cに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

h22-zaimutoi3

解説

答え オ

受取利息のT勘定の問題ですね。

まず、選択肢ア・イ・ウですがこれはすぐに間違いだとわかりますね。

収益・費用科目はすべて損益勘定に振り替えられるので、時期に繰り越しません。

残りのエ・オですが、空欄Cは決算整理仕訳と予想できます。

なので、受取利息が貸方に来る決算整理仕訳を考えてみましょう。

借方 未収利息 / 貸方 受取利息

これが決算整理仕訳の仕訳ですね。

翌期首には期末に行った仕訳の振替を行うので、

借方 受取利息 / 貸方 未収利息

となるので空欄Aも未収利息となります。

空欄Bも決算仕訳と予想でき、受取利息は収益科目な為、基本的には貸方に残があるので、それを損益勘定に振り替えるため、借方損益となります。

ということで答えは、

オ A:未収利息 B:損 益 C:未収利息

となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ