【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H22年第4問」

こんばんは、ヤスです。

今回は先入先出法の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H22年 第4問

次の商品有高帳(単位:円)に基づき、A 品の先入先出法による月間の売上原価と次月繰越高として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

h22-zaimutoi4

解説

答え エ

まず、先入先出法とは、先に仕入れた商品から販売していくという方法のことです。

では、売上原価から見ていきましょう。

7月13日に、

50個 単価600円 売上原価30,000円

となっています。

7月25日に、40個売上を計上しています。

7月13日の残高欄に40個残っているのでこれを使用します。

40個 単価600円 売上原価24,000円

7月29日の売上は、7月19日に仕入れた商品を販売したことなります。

20個 単価640円 売上原価12,800円

以上の3つを合計すると、

30,000 + 24,000 + 12,800 = 66,800円

ということで売上原価は66,800円となります。

続いて次期繰越高です。

受取数量から払出数量を差し引くと30個となります。
受取数量に仕入戻しがあることに注意して下さい。

30個 単価640円 次期繰越高19,200円

ということで次期繰越高は19,200円となります。

以上のことから答えは、

エ 売上原価:66,800円 次月繰越高:19,200円

となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ