【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H23年第16問」

こんばんは、ヤスです。

今回は資本コストの過去問について解説していきたいと思います。

過去問H23年 第16問

D 社では、新規投資に必要な資金10億円を内部留保、借入金、普通株式の発行によって調達しようと計画している。以下の資料に基づいて、この資金調達における加重平均資本コストを算出した場合、最も適切な数値を下記の解答群から選べ。 なお、新株発行の場合、発行手数料等により既存の株主資本コストより1%高くなるものとする。

h23-zaimutoi16

〔解答群〕
ア 6.8%  イ 7%  ウ 7.6%  エ 10%

解説

答え イ

「目標負債自己資本比率が4:6」で内部留保が4億円あるので、残りの6億円は新株発行で2億円、借入金で4億円調達することになります。

それぞれのコストは、

・内部留保:10%
・新株発行:10 + 1 = 11%
・借入金 :4%

となります。

加重平均コストは、

借入金4億円 × 4% × 50% + 内部留保4億円 × 10% + 新株2億円 × 11% ÷ 10億円

で計算します。

ということで答えは イ 7% となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ