【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H23年第2問」

こんばんは、ヤスです。

今回は引当金の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H23年 第2問

引当金への繰入れについての記述として、最も適切なものはどれか。

ア 偶発事象に係る費用または損失については、引当金を計上することはできない。

イ 将来の特定の損失であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生が確実に起こると予想され、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、当期の負担に属する金額を当期の損失として引当金に繰入れる。

ウ 将来の特定の費用であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、当期の負担に属する金額を当期の費用として引当金に繰入れる。

エ 将来の特定の費用または損失であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、当期の負担に属する金額を当期の費用または損失として引当金に繰入れる。

解説

答え エ

引当金は以下のような要件が必要です。

・将来の特定の費用または損失
・発生が当期以前の事象に起因する
・発生可能性が高い
・金額が合理的に見積り可能

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ