【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H25年第1問」

こんばんは、ヤスです。

今回は伝票式会計の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H25年 第1問

伝票式会計は、分業による経理処理の効率化のための工夫として広く採用されている。伝票式会計に関する以下の設問に答えよ。

(設問 1)
 伝票式会計に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 伝票式会計を導入している場合、売上戻りは売上伝票に記入される。

b 伝票式会計を導入している場合、仕訳帳は利用されない。

c 伝票式会計を導入している場合、仕訳日計表には売上伝票と仕入伝票を集計しない。

d 伝票式会計を導入している場合、補助簿の記入は仕訳日計表を利用して行う。

〔解答群〕

ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd

(設問2)
 本日における伝票の一部が以下に示されている。売掛金勘定の本日の残高として最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、昨日の売掛金勘定は借方残高120,000 円であった。

H25.zaimutoi1

ア  40,000 円
イ  90,000 円
ウ 100,000 円
エ 240,000 円

設問1解説

答え ア

a:適切です。

b:適切です。

c:不適切です。仕訳日計表では、すべての伝票が集計されます。

d:不適切です。伝票式会計を導入している場合、補助簿の記入は伝票から個別転記されます。

ということで答えは ア aとb となります。

設問2解説

答え ウ

それぞれの仕訳を起こすと以下のようになります。

No.101:現金 60,000 / 売掛金 60,000

No.102:現金 70,000 / 受取手形 70,000

No.301:買掛金 40,000 / 支払手形 40,000

No.302:裏書手形 10,000 / 受取手形 10,000

No.303:受取手形 80,000 / 売掛金 80,000

No.401:売掛金 50,000 / 売上 50,000

No.402:売掛金 70,000 / 売上 70,000

売掛金を計算すると、

120,000 – 60,000 – 80,000 + 50,000 + 70,000
= 100,000

ということで答えは ウ 100,000 円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ