【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H25年第15問」

こんばんは、ヤスです。

今回はペッキングオーダー仮説について解説していきたいと思います。

過去問H25年 第15問

以下の文章の空欄A、Bに入る最も適切な語句の組み合わせを、下記の解答群から選べ。

H25.zaimutoi15

ア A:企業間信用 B:エクイティ・ファイナンス
イ A:企業間信用 B:デット・ファイナンス
ウ A:内部留保  B:エクイティ・ファイナンス
エ A:内部留保  B:デット・ファイナンス

解説

答え エ

ペッキングオーダー仮説とは、資金調達コストに差がある時、調達コストの低い手段から優先して調達します。
内部留保 → 借入 → 増資の順に調達コストが高くなります。

エクイティ・ファイナンスは、新株発行で資金調達をすることをいい、デット・ファイナンスは借入や社債で資金調達することをいいます。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ