【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H25年第16問」

こんばんは、ヤスです。

今回は意思決定会計の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H25年 第16問

代替案の選択によって金額に差異が生じないコストであり、将来の意思決定に無関連な原価を表すものとして、最も適切なものはどれか。

ア 機会原価
イ 限界原価
ウ 裁量可能原価
エ 埋没原価

解説

答え エ

ア:不適切です。機械原価は、ある代替案を採用した時に、採用しなかった代替案から得られる利益のことです。

イ:不適切です。限界原価は、生産量が一単位増えたことにより増加する原価のことです。

ウ:不適切です。経営者の意思によって決定できる原価のこと。

エ:適切です。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ