【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H25年第22問」

こんばんは、ヤスです。

今回は先物取引の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H25年 第22問

輸入業を営むA社は、3か月後にドル建てで商品の仕入代金を支払う予定である。A社が為替リスクをヘッジするときの取引として、最も適切なものはどれか。

ア ドル売りの為替予約を行う。

イ ドル買いの為替予約を行う。

ウ ドル建ての借入を行い、為替の直物レートで円を買う。

エ ドルの3か月物コール・オプションを売る。

解説

答え イ

ア:不適切です。

イ:適切です。

ウ:不適切です。ドル建ての借入を行い、そのドルで為替の直物レートで円を買っても意味がありません。

エ:不適切です。コールオプションを売るのではなく、買うべきです。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ