【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H26年第1問」

こんばんは、ヤスです。

今回は帳簿組織の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H26年 第1問

帳簿組織に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 単一仕訳帳制においては、普通仕訳帳から総勘定元帳に合計転記される。

イ 単一仕訳帳制においては、補助記入帳から総勘定元帳に個別転記される。

ウ 特殊仕訳帳制においては、普通仕訳帳は不要である。

エ 特殊仕訳帳制においては、補助記入帳の特別欄の金額は総勘定元帳に合計転記される。

解説

答え エ

ア:不適切です。単一仕訳帳制は普通仕訳帳から総勘定元帳へ個別転記をします。

イ:不適切です。単一仕訳帳制は補助記入帳から総勘定元帳へは転記されません。

ウ:不適切です。特殊仕訳帳制においても普通仕訳帳に記入すべき取引があります。

エ:適切です。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ