【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H26年第10問」

こんばんは、ヤスです。

今回は財務比率の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H26年 第10問

特定の資産を費用化することによる財務比率への影響に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。なお、純利益は自己資本よりも小さいものとする。

a 他の条件を一定とすると、自己資本純利益率は不変である。

b 他の条件を一定とすると、総資本純利益率は下落する。

c 他の条件を一定とすると、負債比率は上昇する。

d 他の条件を一定とすると、流動比率は上昇する。

〔解答群〕

ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd

解説

答え ウ

「特定の資産を費用化する」」というのは減価償却を考えてもらえばいいかと思います。

ということは、減価償却の分資産が減少し、費用が増加します。費用の増加は損益計算書上で利益の減少となります。そして利益の減少は貸借対照表の純資産の減少となります。

a:不適切です。自己資本純利益率は「当期純利益 ÷ 自己資本」で計算します。分母の自己資本、分子の当期純利益ともに同額減少することになり、分母の方が分子より大きいので、自己資本純利益率は下落します。

b:適切です。総資本純利益率は「当期純利益 ÷ 総資本」で計算します。分子の当期純利益、分母の総資本ともに同額減少しますが、分母の方が分子よりも大きいので総資本純利益率は下落します。

c:適切です。負債比率は「負債 ÷ 自己資本」で計算します。分子の負債は変わりませんが、分母の自己資本が減少するので負債比率は上昇します。

d:不適切です。流動比率は、「流動資産 ÷ 流動負債」で計算します。分母は変わりませんが、分子は減少もしくはかわらないので流動比率は下落もしくは不変となります。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ