【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H26年第11問」

こんばんは、ヤスです。

今回は連産品の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H26年 第11問

A製品とB製品は工程の終点で分離される連産品である。以下の当月の資料に基づいて結合原価を配分し、A製品の原価として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

H26.zaimutoi12

〔解答群〕

ア  54,000 円
イ  58,500 円
ウ  78,000 円
エ 234,000 円

解説

答え エ

生産量基準で製造原価を配分すると、

702,000 ÷ (1,000 + 2,000) × 1,000 = 234,000

ということで答えは エ 234,000 円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ