【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H26年第12問」

こんばんは、ヤスです。

今回は意思決定会計の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H26年 第12問

X製品の需要が高まっているため、遊休機械設備を利用して月間1,200 個増産することを検討中である。以下の資料に基づいて、増産によって得られる追加的な利益として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【資料】
・遊休機械設備に関するデータ
 月間減価償却費は500,000円であり、増産した場合には月間メンテナンス費用が追加的に120,000円かかる。

・X 製品に関するデータ
 X製品の販売価格は2,000円であり、単位当たり変動費は1,500円である。また、減価償却費以外の固定費が月間250,000円発生すると予測されるが、このうち60%は増産による追加的なコストである。

〔解答群〕
ア -170,000 円
イ 330,000 円
ウ 450,000 円
エ 480,000 円

解説

答え イ

それでそれの項目を順番に見ていきましょう。

月間減価償却費は500,000円であり、増産した場合には月間メンテナンス費用が追加的に120,000円かかる。

遊休機械設備のため月間減価償却費500,000円は増産するしないにかかわらず発生するので無視します。

・X製品の販売価格は2,000円であり、単位当たり変動費は1,500円である。また、減価償却費以外の固定費が月間250,000円発生すると予測されるが、このうち60%は増産による追加的なコストである。

250,000円のうち、60%が追加的なコストなので、150,000円が追加的なコストとなります。

以上のことから、

1,200 × (2,000 – 1,500) – 120,000 – 150,000
= 330,000円

ということで答えは イ 330,000 円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ