【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H26年第2問」

こんばんは、ヤスです。

今回は売上勘定の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H26年 第2問

当社は、当期において売上割戻契約を得意先A社だけと締結した。以下の資料に基づいて、決算における損益計算書に計上すべき売上高として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[資料]

当期中の総売上高のうち、850,000円が A 社を対象とする売上高であり、当期中に実行された売上割戻は10,000円であった。また、A 社に対する総売上高のうち250,000円が当会計期間の最終月における売上高であり、この売上高に対して 2 %の割戻しが翌期に実行されることが見積もられたため、決算において売上割戻引当金が設定された。なお、A 社以外の得意先への売上高合計は2,500,000円である。

〔解答群〕
ア 3,335,000 円
イ 3,340,000 円
ウ 3,345,000 円
エ 3,350,000 円

解説

答え ア

まず売上割戻とは、売上高や販売の数量に応じて、売上の一部を返金するというものです。これは総売上から控除します。
また、売上割戻引当金も総売上から控除します。

以上のことから、

850,000 – 10,000 – 250,000 × 2% + 2,500,000
= 3,335,000円

ということで答えは ア 3,335,000 円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ