【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H27年第10問」

こんばんは、ヤスです。

今回はCVP分析の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H27年 第10問

前期と今期の損益計算書は次のように要約される。下記の設問に答えよ。

H27.zaimutoi10

(設問 1)
今期の損益分岐点売上高として最も適切なものはどれか。

ア 12,000 千円
イ 16,400 千円
ウ 18,000 千円
エ 20,000 千円

(設問2)
収益性に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア 損益分岐点比率が前期よりも悪化したのは、固定費の増加による。

イ 損益分岐点比率が前期よりも悪化したのは、変動費率の低下による。

ウ 損益分岐点比率が前期よりも改善されたのは、固定費の増加による。

エ 損益分岐点比率が前期よりも改善されたのは、変動費率の低下による。

設問1解説

答え エ

損益分岐点は、

損益分岐点 = 固定費 ÷ 限界利益率

限界利益率 = 1 – 変動費率

変動費率 = 変動費 ÷ 売上高

以上の計算式を使って計算します。

変動費率:15,400 ÷ 28,000 = 0.45
限界利益率:1 – 0.45 = 0.55
損益分岐点:9,000 ÷ 0.45 = 20,000

ということで答えは エ 20,000 千円 となります。

設問2解説

答え エ

まずは損益分岐点比率を計算してみましょう。

損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 売上高 × 100
今期の損益分岐点比率
20,000 ÷ 28,000 ≒ 0.71
前期の損益分岐点比率
変動費率:14,400 ÷ 24,000 = 0.6
限界利益率:1 – 0.6 = 0.4
損益分岐点:7,200 ÷ 0.4 = 18,000
損益分岐点比率:18,000 ÷ 24,000 = 0.75

損益分岐点比率は固定費が増加すると悪化し、変動費率が低下すると改善します。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ