【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H27年第13問」

こんばんは、ヤスです。

今回はMM理論の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H27年 第13問

MM理論に基づく最適資本構成に関する以下の記述について、下記の設問に答えよ。

H27.zaimutoi13

(設問1)
 記述中の空欄A〜Cにあてはまる語句の組み合わせとして最も適切なものはどれか。

ア A:支払利息の増加による株主価値の低下 B:高める C: 0%

イ A:支払利息の増加による株主価値の低下 B:低める C:100 %

ウ A:節税効果 B:高める C:100 %

エ A:節税効果 B:低める C: 0%

(設問2)
 記述中の空欄D〜Fにあてはまる語句の組み合わせとして最も適切なものはどれか。

ア D:債務不履行(デフォルト)リスク E:より高い F:トレードオフ

イ D:債務不履行(デフォルト)リスク E:より低い F:相乗効果

ウ D:財務レバレッジ E:より高い F:相乗効果

エ D:財務レバレッジ E:より低い F:トレードオフ

設問1解説

答え ウ

負債には節税効果があり、企業価値が上がります。なので負債比率が100%の状態において企業価値が最大になる。

ということで答えは  となります。

設問2解説

答え ア

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ