【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H27年第16問」

こんばんは、ヤスです。

今回は投資の意思決定会計の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H27年 第16問

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 D社は、4つの投資案(①〜④)の採否について検討している。同社では、投資案の採否を正味現在価値法(NPV法)に基づいて判断している。いずれの投資案も、経済命数は3年である。
 4つの投資案の初期投資額および第1 期末から第3期末に生じるキャッシュフローは、以下の表のとおり予測されている。初期投資は第1 期首に行われる。なお、法人税は存在せず、割引率は8%とする。

H27.zaimutoi16

(設問 1)
 投資案②のNPV(空欄A)および投資案③のNPV(空欄B)にあてはまる金額の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、NPVの計算にあたっては、以下の表を用いること。

H27.zaimutoi16-2

〔解答群〕
ア A:22 百万円 B:30 百万円
イ A:33 百万円 B:30 百万円
ウ A:33 百万円 B:46 百万円
エ A:36 百万円 B:30 百万円
オ A:36 百万円 B:46 百万円

(設問2)
 4つの投資案は相互に独立しており、D社は複数の投資案を採択することが可能である。しかし、資金の制約があり、初期投資額の上限は380百万円である。このとき、採択すべき投資案の組み合わせとして最も適切なものはどれか。
 なお、D 社は他の投資案を有しておらず、380百万円のうち初期投資に使用されなかった残額から追加のキャッシュフローは生じない。

ア 投資案①、投資案②、および投資案③
イ 投資案①、投資案②、および投資案④
ウ 投資案②および投資案③
エ 投資案②および投資案④
オ 投資案③および投資案④

設問1解説

答え オ

正味現在価値法は、投資によって生じる年々の増分キャッシュフローを資本コストで割り引いて計算した現在価値から、初期投資額を差し引くことによって計算する方法です。

投資案②は年々の増分キャッシュフローの金額が違うため、複利現価係数を使って計算します。

(70 × 0.93 + 60 × 0.86 + 50 × 0.79) – 120
≒ 36百万円

投資案③は年々の増分キャッシュフローの金額が同じなので年金現価係数を使って計算します。

80 × 2.58 – 160 ≒ 46百万円

ということで答えは  となります。

設問2解説

答え ウ

まずは投資案④の正味現在価値を計算してみましょう。

40 × 2.58 – 120 ≒ -17百万円

正味現在価値がマイナスになるので投資案④は不採用ですね。

投資額の上限が380百万円なので投資案①~③すべてを採用することはできないですね。

正味現在価値が高い投資案から採用するので、投資案②、③が採用されます。

ということで答えは ウ 投資案②および投資案③ となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ