【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H27年第18問」

こんばんは、ヤスです。

今回は資本資産評価モデル(CAPM)の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H27年 第18問

資本資産評価モデル(CAPM)に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア β が0以上1 未満である証券の期待収益率は、無リスク資産の利子率よりも低い。

イ β がゼロである証券の期待収益率はゼロである。

ウ 均衡状態においては、すべての投資家が、危険資産として市場ポートフォリオを所有する。

エ 市場ポートフォリオの期待収益率は、市場リスクプレミアムと呼ばれる。

解説

答え ウ

CAPMは以下のように計算します。

期待収益率 = 無リスク利子率 + β × 市場リスクプレミアム

市場リスクプレミアム = 市場ポートフォリオのリターン – 無リスク利子率

ア:不適切です。仮にβを0とすると、個別証券の期待収益率 = 無リスク利子率 となります。

イ:不適切です。アで解説した通りです。

ウ:適切です。

エ:不適切です。市場リスクプレミアムは市場ポートフォリオの期待収益率から無リスク利子率を控除したものです。

ということで答えは イ となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ