【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H27年第5問」

こんばんは、ヤスです。

今回は仕訳の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H27年 第5問

次の仕訳の取引として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

(借)仕入500,000 (貸)支払手形500,000

〔解答群〕
ア 現金500,000円を約束手形を振り出して借り入れ、この現金で商品500,000円を仕入れた。

イ 商品500,000円を仕入れ、為替手形を振り出し、得意先の引き受けを得て仕入先に渡した。

ウ 商品500,000円を仕入れ、代金として自己宛為替手形を振り出した。

エ 商品500,000円を仕入れ、代金は掛けとした。

解説

答え ウ

まず支払手形とは、手形の振出人(支払人)が名宛人(受取人)に対して、手形に記載した期日に手形に記載した金額を支払うことを約束したものです。

為替手形は、振出人が名宛人(支払人)に、一定の日に一定の金額を指図人(受取人)に支払うよう委託する有価証券のことです。

それではそれぞれの選択肢を見ていきましょう。

・アは支払手形を現金に換え、その現金で仕入れたということなので仕訳は以下のようになります。

現金 500,000 / 支払手形 500,000
仕入 500,000 / 現金   500,000

・イの為替手形は得意先の売掛金を放棄する代わりに、得意先が仕入金額を支払うという形です。

仕入 500,000 / 売掛金 500,000

・ウは自己宛為替手形ということですが、自己宛為替手形とは振出人と名宛人が自分となる為替手形のことです。

仕入 500,000 / 支払手形 500,000

・エは普通の買掛金の仕入ですね。

仕入 500,000 / 買掛金 500,000

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ