【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H27年第9問」

こんばんは、ヤスです。

今回はキャッシュフローの過去問について解説していきたいと思います。

過去問H27年 第9問

キャッシュフローの減少額として最も適切なものはどれか。

ア 減価償却費
イ 仕入債務の増加
ウ 棚卸資産の増加
エ 長期借入金の増加

解説

答え ウ

ア:不適切です。減価償却費はキャッシュフローの増加要因です。

イ:不適切です。仕入債務が増加したということは、仕入が計上されているが代金が未払いになっているのでキャッシュフローの増加要因です。

ウ:適切です。棚卸資産が増加したということは、その分仕入が増え、支出が増えているということなのでキャッシュフローの減少要因です。

エ:不適切です。長期借入金が増加したということは、借入により現金が増えたことになるのでキャッシュフローの増加要因です。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ