【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H28年第12問」

こんばんは、ヤスです。

今回は投資家の効用関数の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H28年 第12問

資本資産評価モデル(CAPM)に関する下記の設問に答えよ。

(設問1)
 資本資産評価モデルを前提とした場合の記述として、最も適切なものはどれか。

ア β = -1 である資産を安全資産と呼ぶ。

イ β = 1であるリスク資産の期待収益率は、市場ポートフォリオの期待収益率と同じである。

ウ β = 2であるリスク資産の予想収益率の分散は、β = 1であるリスク資産の予想収益率の分散の2倍である。

エ 市場ポートフォリオのリターンが正のとき、β = 0.5であるリスク資産の価格が下落することはない。

(設問2)
 資本資産評価モデルを前提とした場合、以下の資料に基づく株式の期待収益率として最も適切なものを、下記の解答群から選べ。

【資料】
 市場ポートフォリオの期待収益率:8 %
 無リスク資産の期待収益率:3 %
 β:1.4
 実効税率:40%

〔解答群〕
ア  4.4%
イ  7%
ウ 10%
エ 11.2%

設問1解説

答え イ

ア:不適切です。β = -1 である資産は市長の変動より小さく変動する傾向があり、株式市場よりリスクが低いことになります。

イ:適切です。

ウ:不適切です。βが2倍になっても予想収益率の分散は2倍にはなりません。

エ:不適切です。このようなことはありません。

ということで答えは  となります。

設問2解説

答え ウ

期待収益率は以下のように計算します。

(期待市場収益率 – 安全利子率) × β値 + 安全利子率

(8 – 3) × 1.4 + 3 = 10%

ということで答えは ウ 10% となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ