【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H28年第13問」

こんばんは、ヤスです。

今回は企業買収に関する略語の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H28年 第13問

企業買収に関する略語の説明として最も適切なものはどれか。

ア KPIとは、同業他社の株価を参照することを通じて買収価格を決定したうえで、経営権の取得等を行うことである。

イ LBOとは、従業員が資金を出し合って、経営権の取得等を行うことである。

ウ MBO とは、金融機関が自身の資金によって経営権の取得等を行うことである。

エ TOB とは、不特定多数の者に対し、証券市場以外の場における株券の買付け等の勧誘を通じて経営権の取得等を行うことである。

解説

答え エ

ア:不適切です。KPIは企業などの組織において、個人や部門の業績評価を定量的に評価するための指標です。

イ:不適切です。LBO企業買収の際に、ターゲット企業の資産や将来のキャッシュフローを担保にした負債を調達して買収することをいいます。

ウ:不適切です。MBOは企業の経営者などが、その企業や事業部門を買収することを言います。

エ:適切です。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ