【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第12問」

こんにちは、ヤスです。

今回は財務比率の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第12問

長期借入金により資金を調達し、その全額を設備投資(新規の生産設備の取得)に使用したとする。他の条件を一定とすると、これによる財務比率への影響に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 固定比率は不変である。
b 自己資本比率は悪化する。
c 当座比率は悪化する。
d 流動比率は不変である。

〔解答群〕
ア aとb
イ aとc
ウ aとd
エ bとc
オ bとd

解説

答え オ

a:不適切です。固定資産が増えるため固定比率は悪化します。

b:適切です。

c:不適切です。当座資産も流動負債も変化しないので当座比率は不変です。

d:適切です。

ということで答えは オ bとd となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ