【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第18問」

こんにちは、ヤスです。

今回は理論株価についての過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第18問

当社の前期末の株当たり配当金は120円であり、今後毎年2%の定率成長が期待されている。資本コストを6%とすると、この株式の理論価格として、最も適切なものはどれか。

ア 2,400円
イ 3,000円
ウ 3,060円
エ 3,180円

解説

答え ウ

一定成長モデルを使って計算します。

株価 = 当期の配当金 ÷ (資本コスト – 成長率)

一定成長モデルは上記のように計算します。

この問題の場合、「前期末の株当たり配当金は120円」となっているのに注意して計算すると、

120 × 1.02 ÷ (6% – 2%) = 3,060円

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ