【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第21問」

こんにちは、ヤスです。

今回は先渡取引と先物取引の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第21問

先渡取引(フォワード)と先物取引(フューチャー)に関する記述として、最も不適切なものはどれか

ア 原則的に先物取引は取引所で、先渡取引は店頭$相対’で取引が行われる。

イ 先物取引では、契約の履行を取引所が保証しているため、信用リスクは少ないといえる。

ウ 先渡取引では、期日までに約定したものと反対の取引を行い、差金決済により清算される。

エ 先渡取引では、原資産、取引条件などは取引の当事者間で任意に取り決める。

解説

答え ウ

ア:適切です。

イ:適切です。

ウ:不適切です。先渡取引では現物決済が原則です。

エ:適切です。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ