【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第24問」

こんにちは、ヤスです。

今回は加重平均資本コストの過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第24問

負債と純資産の構成が2:1の企業がある。この企業の税引前負債資本コストが3%(税率は40%)、株主資本コストが12%であるときの加重平均資本コストとして、最も適切なものはどれか。

ア 5.2%
イ 5.8%
ウ 6.0%
エ 9.0%

解説

答え ア

加重平均資本コストは以下のように計算します。

自己資本比率 × 自己資本コスト + 負債比率 × 負債コスト × (1 – 実効税率)

1/3 × 12 + 2/3 × 3 × (1 – 40%) = 5.2%

ということで答えは ア 5.2% となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ