【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第3問」

こんにちは、ヤスです。

今回は剰余金の分配についての過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第3問

次の資料に基づき、会社法の規定に基づく剰余金の分配可能額として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、のれん、繰延資産および自己株式の金額はゼロである。

H29.zaimutoi3

〔解答群〕
ア 180,000千円
イ 230,000千円
ウ 250,000千円
エ 340,000千円

解説

答え ウ

剰余金の分配可能額は以下のように計算します。

分配可能額 = その他資本剰余金の額 + その他利益剰余金の額 – 自己株式帳簿価額

この問題の場合、

分配可能額 = その他資本剰余金 + 任意積立金 + 繰越利益剰余金

となり、250,000千円となります。

ということで答えは ウ 250,000千円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ