【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第6問」

こんにちは、ヤスです。

今回は税効果会計についての過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第6問

税効果会計に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 受取配当金のうち益金に算入されない金額は、繰延税金負債を増加させる。

イ 交際費のうち損金に算入されない金額は、繰延税金資産を増加させる。

ウ 税法の損金算入限度額を超える貸倒引当金繰入額は、繰延税金資産を減少させる。

エ 税法の損金算入限度額を超える減価償却費は、繰延税金資産を増加させる。

解説

答え エ

ア:不適切です。交際費は永久差異になり、繰延税金負債は計上できません。

イ:不適切です。交際費は永久差異になり、繰延税金資産は計上できません。

ウ:不適切です。税法の損金算入限度額を超える貸倒引当金繰入額は、繰延税金資産を増加させます。

エ:適切です。

ということで答えは  となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ