【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第8問」

こんにちは、ヤスです。

今回は総合原価計算についての過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第8問

単純総合原価計算を採用しているA工場の以下の資料に基づき、平均法により計算された月末仕掛品原価として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、材料は工程の始点ですべて投入されている。

H29.zaimutoi8

〔解答群〕
ア 500千円
イ 680千円
ウ 700千円
エ 800千円

解説

答え イ

総合原価計算は、材料費と加工費を分けて計算します。
図を描いて計算すると分かりやすいです。

H29.zaimutoi8-2

材料費の月末仕掛品が480千円で、加工費の月末仕掛品が200千円となります。

ということで答えは イ 680千円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ