【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H29年第9問」

こんにちは、ヤスです。

今回は作業時間差異の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H29年 第9問

標準原価計算を採用しているB工場の以下の資料に基づき、作業時間差異として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

H29.zaimutoi9

〔解答群〕
ア 不利差異:12,000千円
イ 不利差異:12,400千円
ウ 有利差異: 6,000千円
エ 有利差異: 6,200千円

解説

答え ア

まず、当月の標準作業時間がわからないので図を描いて計算します。
労務費なので、加工進捗度を使って計算することに注意してください。

H29.zaimutoi9-3

当月投入数量が110個で、1個当たりの直接作業時間が6時間なので、標準作業時間は、

110 × 6 = 660時間

となります。

あとは、図を描いて作業時間差異を計算します。

H29.zaimutoi9-4

ということで答えは ア 不利差異:12,000千円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ