【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H30年第2問」

こんにちは、ヤスです。

今回は減価償却費と固定資産売却損益の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H30年 第2問

 20X1年1月1日に購入した建物(取得原価800,000千円、耐用年数20年、残存価額ゼロ)を20X2 年6月30日に725,000千円で売却した。ただし、決算日は12月31日(年1回)であり、定額法により減価償却している。売却にあたり計上される固定資産売却損益の金額として、最も適切なものはどれか。

ア 固定資産売却益: 5,000千円
イ 固定資産売却損:15,000千円
ウ 固定資産売却損:35,000千円
エ 固定資産売却損:75,000千円

解説

答え イ

まず、建物取得時の仕訳は以下のようになります。

建物 800,000 / 現金 800,000

そして、取得から1年半後の20X2年6月末に売却したということなので、建物の減価償却費は以下のように計算できます。

800,000 ÷ 20 × 1.5 = 60,000

60,000円の減価償却費が発生しているので、建物の現在価値は以下のようになります。

800,000 - 60,000 = 740,000

建物の現在価値が計算できたので、仕訳は以下のようになります。

現金      725,000 / 建物 800,000
減価償却累計額 60,000 /
固定資産売却損 15,000 /

ということで答えは イ 固定資産売却損:15,000千円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ