【中小企業診断士】財務・会計過去問解説「H30年第7問」

こんにちは、ヤスです。

今回は経過勘定の過去問について解説していきたいと思います。

過去問H30年 第7問

 当社は企業向けのセミナーや研修を中心とした業務を営んでいる。決算にあたり以下の一連の取引に対し計上される収益および費用の金額の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【4 月20 日】
 7 月開講予定のセミナー(全10 回、50,000 円/回)の受講料総額500,000 円を現金で受け取った。

【5 月30 日】
 開講準備にあたり、全10 回分のテキスト作成のため現金250,000円を支出した。

【12 月31 日(決算日)】
 全10 回のセミナーのうち6 回が終了していた。

〔解答群〕
ア 収益:300,000 円  費用:150,000 円
イ 収益:300,000 円  費用:250,000 円
ウ 収益:500,000 円  費用:150,000 円
エ 収益:500,000 円  費用:250,000 円

解説

答え ア

 10回のセミナーのうち、6回が終了していたので残り4回は翌期にセミナーが行われるということなので、500,000円のうち200,000円は「前受収益」で計上するため、今期の収益は「300,000円」となります。
 費用についても同様に10回のセミナーのうち、6回が終了していたので残り4回は翌期にセミナーが行われるということなので、250,000円のうち100,000円は「前払費用」で計上するため、今期の費用は「150,000円」となります。

ということで答えは ア 収益:300,000 円  費用:150,000 円 となります。

質問、疑問、解説して欲しい過去問(財務・会計に限る)などがありましたら、コメントもしくは問い合わせからお気軽に連絡ください!

にほんブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

-----sponsored Link-----

コメントを残す



このページの先頭へ